レンタカーの料金|レンタカー利用を有意義に│羽田空港からすぐ移動ができる

レンタカー利用を有意義に│羽田空港からすぐ移動ができる

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタカーの料金

女の人

近年、レンタカー業界では価格競争が激しく、年々利用料金は下がり続けています。特に格安店とも呼ばれる超低料金で車の貸し出しを行っているレンタカー会社では、4人から5人乗りの小型車であれば、6時間の利用で2500円程度と、まさに格安です。また、利用時間を細分化し、短時間を低料金で利用出来るカーシェアリングと呼ばれるレンタカーでは、5人乗りの小型車やセダンタイプの場合、15分で200円程度です。4人から5人乗りの外車であっても、15分で400円程度が相場となっています。このように、ここ数年は利用時間が細分化され、それに伴った利用料金で車を貸し出す事で、利用料金が低価格化する傾向がありました。今後もこの傾向は続くと予測され、利用料金はさらに低下する傾向にあるでしょう。

日本において、レンタカー業がハッキリと確立され、一般的に認知され始めたのは1950年頃とされています。その後数年間はトラブルの発生などによって一時は衰退しましたが、1965年頃からは大手自動車メーカーが母体のレンタカー会社が登場して業界が盛り上がり、それが現在に繋がるレンタカー業のスタイルとなっています。1970年頃からは自動車メーカー以外の会社もレンタカー業をスタートさせ始め、サービスや価格の競争が激しくなりました。特にサービス面では、営業時間を長くしたり、複数の店舗展開により実現する乗り捨てサービスなど、様々な試みが行われてきました。2000年を過ぎた頃からは価格競争が特に激しくなり、格安でレンタカーを貸し出す会社が増えました。例えばガソリンスタンドや中古車ディーラーが運営する格安店や、カーシェアリングと呼ばれる短時間を低料金で利用出来るレンタカーです。そしてその流れは現在も続いており、格安のレンタカーが当たり前の時代になりつつあります。